糖尿病食の宅配で栄養バランスを考える

糖尿病食の宅配で栄養バランスを考えるとは

病院の糖尿病食はすごい

糖尿病の人ならば、一度は教育入院をしたことがあるでしょう。

私も教育入院をしたことがあります。

特に病院の糖尿病食は優れものです。

個人個人の摂取できるカロリーに合わせて献立が決められています。

管理栄養士さんがきちんとカロリー計算しれくれた献立なので全部食べても大丈夫なところがいいですね。

外食だとカロリーが高い場合が多いので、ごはんを半分残したりすることがありますが、病院の糖尿病食ならそんな心配はいりません。

2週間の教育入院で私は5キロ痩せました。

軽い運動しかしていないので、ほとんど食事だけで5キロ痩せたのです。

カロリー計算された食事をしていると、それだけで痩せていくんだなとびっくりしました。

病院の糖尿病食の作り方を是非知りたいと思って聞いてみましたが、門外不出のようで、教えてはくれませんでした。

でも、病院内の本屋さんで糖尿病食の作り方の本が売っていたのでそれを買って帰りました。

今でも役に立っています。

毎日自分で作るのは大変なので、宅配食と合わせて献立を考えています。

病院の糖尿病食は栄養のバランスが良く、野菜、肉、魚などがバランスよく献立に組み込まれています。

病気でない人でもダイエットしたい方などには最適なメニューです。

カレーやシチュー、餃子などもメニューの中に入っています。

もちろんきちんとカロリー計算されているので、全部食べても大丈夫です。

私の場合、一日の摂取可能なカロリーは1440キロカロリーなので、その範囲で献立を考えてくれます。

家では糖尿病食を取り寄せたり、本を見ながら糖尿病食を作ったりしています。

自分で作りよりは宅配食のほうがカロリー計算がきちんとされているし、手間も省けて便利です。

ですが食費が高くつくのが問題といえば問題です。

長期にわたって取り寄せるのではなく、短期間、たとえば2週間くらい取り寄せて、あとは自分で作ったりして、食費があまりかからないように工夫はしています。

病院の糖尿病食を食べて学んだことを家でも生かせるように努力はしていますが、なかなか難しいですね。

宅配食はそんなときに便利です。